若いのに加齢臭がする… | 20代・30代の若年性加齢臭の原因・病気

若いのに加齢臭がする | 20代・30代の若年性加齢臭の原因・病気

若いのに加齢臭がする… | 20代・30代の若年性加齢臭の原因・病気

「加齢臭」といえば、40歳~60歳のおじさん特有のものというイメージを持っている方が多いと思います。しかし、近年のライフスタイルの変化から、若いのに加齢臭がする「若年性加齢臭」に悩まされる人が増えてきています。

今回は、こうした20代・30代の若年性加齢臭の原因や、関連する病気についてまとめます。

若年性加齢臭とは

若年性加齢臭とは、名前の通り、20代・30代前半などの若い人にみられる加齢臭のことを指します。一般に、加齢臭は「ブルーチーズの臭い」「ロウソクの臭い」「古本の臭い」などと例えられることが多く、ワキガや汗の酸っぱい臭いとは異なる独特な体臭です。

若いのに加齢臭がすると周囲からも目立ちやすく、恋愛などで身だしなみを気にする20代などは特に敏感になりやすい年頃です。他人から指摘を受けて傷ついた経験が元で、自分の体臭を過度に意識する「自臭症(自己臭恐怖症)」という状態になってしまうこともあります。

こうした症状は、うつ病、対人恐怖症の原因にもなるため、加齢臭が出てきた場合には「たかが体臭」と考えず、早めの対策を心がけるようにしましょう。

若いのに発生する若年性加齢臭とは

若いのに加齢臭がする原因

加齢臭の原因は、皮脂が酸化・分解される際に発生する「ノネナール」という物質です。ノネナールは皮脂中に含まれる9-ヘキサデセン酸という脂肪酸をもとに生成されますが、年齢に伴ってその酸化を抑える力が弱くなるため、加齢臭が強くなります。

若いのに加齢臭が発生してしまう場合には、このような体内の老化が進んでいる証拠でもあります。抗酸化力の低下の原因としては、食事、運動不足、ストレス飲酒喫煙などの生活習慣と深く関係しており、近年のライフスタイルの変化から若年性加齢臭に悩む若者が増加してきています。

本来、若いうちは皮脂の酸化を抑制する機能が働いているものですが、こうした過度のストレスや生活習慣の乱れに心当たりのある場合には、自分の体臭をこまめにチェックするよう心がけましょう。

若年性加齢臭と生活習慣病

若年性加齢臭の原因となる生活習慣の乱れは、40代以上の人が抱えるような生活習慣病とも深い関わりがあります。高血圧、脂質異常症(高脂血症)糖尿病など、一般にメタボリックシンドロームと呼ばれる内臓肥満に起因する病気です。

若年性加齢臭と生活習慣病

生活習慣の乱れによって、若いのに加齢臭がする場合には、将来的に上述のような病気を発症するリスクの高い状態になっているといえます。あまりに加齢臭が強い場合にはそうしたサインと捉え、早めの対策を心がけるようにしましょう。

早めに改善に取り組みましょう

今回は、20代・30代の若年性加齢臭の原因や関連する病気についてご紹介しました。

加齢臭は「おじさん臭」等とも呼ばれますが、中高年男性だけに限ったものではなく、女性や若い人にも発生することがあります。若いのに加齢臭がする原因の多くは、食事を含む生活習慣やストレスによるものです。

こうした体臭は生活習慣病のサインといえるだけでなく、社会生活においても周囲に迷惑をかけ、本人も辛い思いをすることが多いでしょう。あまりに自分の加齢臭が気になるようになってしまうと、自臭症(自己臭恐怖症)やそれによるうつ病、対人恐怖症といった精神疾患の原因にもなります。

現在では様々な加齢臭対策グッズもありますので、生活習慣の見直しと併せて、早めに改善に取り組んでいくようにしましょう。