自分ではわからない体臭が怖い… | 加齢臭の除去対策は中年のエチケット!

自分ではわからない体臭が怖い… | 加齢臭の除去対策は中年のエチケット

自分ではわからない体臭が怖い… | 加齢臭の除去対策は中年のエチケット!

K.Hさん(男性)、40代、公務員

自分ではわからない体臭は怖い

歳を取っておっさん臭がしてくることは分かっていても、自分がどの程度加齢臭を放っているのか、どんな匂いを醸し出しているのかまでは自分ではわからないものです。だけど、ワイシャツを脱いだ時に、襟首や袖口周りが黄ばんでいたり、肌がネチャッとした感覚を感じた時、「きっと臭っているんだろうな…」と想像することはあります。

また、女子社員が何故か妙な距離感を保っていたり、電車で近くに立っていた女性がわざわざ離れていったりすると、「自分は臭いんじゃないか…」と気になったりすることもあります。もちろん、誰も指摘してくれないのでわからないですが、周囲の態度と自分の汚れ具合から、自分の加齢臭の存在を心配せざるを得ない状況に陥ります。

このまま不快な匂いを放ち続ければ、いい仕事をしても、カッコいい事をしゃべっても、「臭いのに何言ってんの?」と心の中で失笑されることだろうと思うと、加齢臭は自分の人生や人間関係をも左右しかねない怖いものだと感じられます。

綺麗に洗っても落ちない加齢臭

加齢臭を気にするようになると、入念に身体を洗うようになったり、こまめに衣類を変えて洗濯に出すようになったりと、日常の気遣いが増えます。それでも、加齢臭は拭えているのかどうなのか、自分では自分の体臭がよくわからないところが悩みの種です。

しかも、通常の入浴や身体洗いでは自分の汚れがスッキリ落せていないことに気づいた時は、愕然とするものです。風呂上がりのバスタオルもが臭っていたり、洗って間もなくの風呂上がりの汗がネチャっとべたついたりするのです。風呂に入ったのに、風呂前と一緒の状態にすぐに戻っている自分は、加齢臭がこびりついているのだと感じざるを得ません。

なぜテレビのCMであんなに男性用ボディーソープやシャンプーについて流れているのか、加齢臭の悩みを抱えてみてよく分かりました。自分自身、このボディソープやシャンプーの必要性をひしひしと実感するようになり、どんなタイプの商品ならこのしつこくこびりついた加齢臭を除去できるのか、真剣に考えるようになってきました。

今すぐ始める加齢臭の除去対策

加齢臭を放っていたら、周囲の人々が離れていくことに気が付いた今、加齢臭の除去対策をせずにはいられなくなりました。そして、すぐに出来ることの一つは、加齢臭の大元である皮脂汚れを徹底的に落とすことです。

まずは、男の油汚れを除去してくれる専用のボディーソープとシャンプーでしっかり洗います。毛穴の皮脂詰まりは加齢臭を引き起こすということで、しっかりとお湯に浸って、毛穴を開いたうえで洗います。

次に出来ることは、運動です。運動不足で汗をかかない生活を続けていると、汗腺機能が低下して臭いの強い汗が出やすくなってしまうそうです。普段から汗をかくように努めて、汗をサラサラにしておくことで匂いの軽減を図るのです。

さらに、できるだけ悪臭を放ちやすい食べ物は控えるようにします。暴飲暴食は、腸内環境を悪化させ、臭い便や口臭に繋がるので、当然、体臭に影響してしまいます。便秘も体臭に悪影響を与えるので、そうならないようにバランスのとれた健康食を心掛けることで、体臭を軽減していくように心がけています。

加齢臭の除去対策は中年のエチケット

色々な対策に取り組んでみても、やはり自分では気づけないおっさん臭はきっと存在していることだろうと感じます。洗っても取れにくい自分の皮脂汚れ、代謝の低下、ついついやめられないお酒やニンニク料理が、自分の体臭の元になっていることでしょう。

しかし、加齢臭があるという自覚は、自分の考え方や人との接し方を大きく変えてくれました。「周囲の人に気配りをする」という当たり前のエチケットを思い出させてくれたのです。若い頃はオシャレにカッコよくみられたくて、自分の色んなことを気にしていましたが、加齢とともにそういうことを忘れ、だらしがなくなっていることは否めません。

そんな汚いオジサンになりつつあったところ、加齢臭の存在に気づいて対策をすることで、何やら背筋が伸び、襟を正し直すようなフレッシュな気持ちが生まれてきたのは事実なのです。加齢臭の除去対策は、自分のためでも周りの人のためでもある、人と関わる際のエチケットの一つです。周囲への思いやりと誠実な態度を考え直す良いきっかけにもなったと思って、前向きに対策に取り組んでいくようにしたいと思います。