洗濯しても臭い!加齢臭・体臭を確実に落とす洗濯方法と洗剤の選び方

洗濯しても臭い!加齢臭・体臭を確実に落とす洗濯方法と洗剤の選び方

洗濯しても臭い!加齢臭・体臭を確実に落とす洗濯方法と洗剤の選び方

「しっかり洗濯したはずなのに、洗濯物から加齢臭がする…」。そんな経験はありませんか?

加齢臭の原因となる皮脂汚れは、衣類に染みつくと簡単には落とすことができません。そのため、せっかく綺麗に洗濯しても臭いがとれず、日々悪戦苦闘している方も多いと思います。

今回は、そんな頑固な加齢臭をしっかり落とす洗濯方法と、洗剤の選び方についてまとめます。

洗濯しても臭いのはなぜ?

中年男性に多く見られる加齢臭は、皮脂が酸化・分解することで発生する「ノネナール」という物質が原因となります。加齢に伴い、皮脂に含まれるノネナールの元となる成分の分泌量が増加するため、体臭が強くなっていくのです。

こうした皮脂汚れが繊維の間に染みつくと、洗濯しても落とすことが難しく、臭い残りの原因となります。さらに、一緒に洗った他の衣類にまで臭いが移ってしまうこともあります。

洗濯しても臭い加齢臭の原因

加齢臭に気づいたら、洗濯する際にはしっかりと対策を取り、臭いの元となる皮脂を取り除くようにしましょう。

加齢臭を落とす洗濯方法

加齢臭を落とす洗濯方法のポイントは、「お湯を使うこと」と「酸素系漂白剤を使うこと」の2点です。漂白剤には皮脂を分解する作用があり、お湯で「つけおき洗い」をすることで、しつこい加齢臭を効果的に落とすことができます。

 加齢臭を落とす洗濯方法

  1. 酸素系漂白剤を、加齢臭の気になる個所に直塗りする(襟もと、背中部分、脇の下 等)
  2. 40度くらいのお湯を用意
  3. 洗濯洗剤を少量お湯に入れてワイシャツを浸け込む(30分~1時間程度)
  4. 洗濯機で洗う


ここではワイシャツの洗濯方法を取り上げていますが、同様にシーツや枕カバーにも使えます。生地を傷めるため、熱湯を使ったり、ブラシなどでこすり洗いをするのはやめましょう。

加齢臭に効く洗濯洗剤

加齢臭をごまかそうとして、強い香り付きの洗剤を使用すると、臭いが混ざり合って余計に不快な臭いになってしまうことがあります。上述した酸素系漂白剤を使用する他、皮脂を落とす効果の高い洗剤を使用して、臭いをしっかり落とすことが大切です。

皮脂汚れを落とすには、粉末洗剤よりも液体洗剤の方が向いています

加齢臭対策に効く洗濯洗剤

また、加齢臭対策用の洗濯補助洗浄剤も販売されています。強力な消臭作用のある柿渋タンニン等が配合されており、普段の洗剤に一杯加えるだけで使用できます。

その他の加齢臭対策

その他、加齢臭・体臭をしっかりと落とす洗濯方法としては、コストはかかりますが、クリーニングに出すというのも手です。現在では、わざわざ店舗に出向かなくとも、ネットで注文して宅配便で送るだけの宅配クリーニングなどもあります。

高品質なのに送料無料!宅配クリーニングの【リナビス】

また、上記の方法で洗濯しても臭いがどうしても落ちない場合には、思い切って新しいものに買い替えることも検討する必要があります。衣類の臭いを落とすことだけでなく、加齢臭自体を軽減できるよう、普段から身体を清潔に保つよう心がけることも大切です。

その他の加齢臭・体臭対策

まとめ

今回は、加齢臭・体臭をしっかり落とすための洗濯方法と洗剤の選び方についてご紹介しました。

加齢臭の原因となる皮脂汚れを落とすには、酸素系漂白剤とお湯を使った「つけおき洗い」が効果的です。同時に、生活習慣の改善や、加齢臭対策グッズなどを利用した体臭の抑制にも取り組み、根本的な解決を目指していきましょう。