夫の加齢臭が移った!? 夫婦そろって体のニオイ改善に奮闘中

夫の加齢臭が移った!? 夫婦そろって体のニオイ改善に奮闘中

夫の加齢臭が移った!? 夫婦そろって体のニオイ改善に奮闘中

N.Kさん(女性)、30代、専業主婦

30代の私も加齢臭が漂うように…

今まで、加齢臭で悩むことに値するのは中高年の男性だけだと思い込んでおり、まだ30代の私も加齢臭で悩むようになってしまうなんて想像もしていませんでした。

初めに加齢臭で悩んでいたのは夫でした。歳の差結婚のため、夫はもうすぐ50歳を迎えます。それ位の年齢になるとほとんどの男性は独特な加齢臭を漂わせていますよね。私の夫も職場の女性から嫌がられる程、加齢臭が酷くなっていました。そんな夫に対しても、どうせ他人事なので大して気にしていませんでした。

しかし、私自身も職場でニオイが気になると後輩に指摘されるようになりました。私は営業職として働いていたのですが、ニオイが気になり始めてからは積極的に接客が出来なくなり、ノルマを達成することが出来ない月が増えて来ました。

なぜ、30歳にして加齢臭に悩み始めたのか…、初めは原因が分かりませんでした。

私の加齢臭は夫のせい?

加齢臭の原因を探るため、ネット情報で検索して、自己流で対策を考えようと思いました。加齢臭の原因は、「年齢とともに油脂も増えるためそのニオイが蓄積される」「食生活の乱れ」「ストレス」など様々な要素があったのですが、私に当てはまるのは食生活とストレスでした。

しかし、加齢臭は圧倒的に男性が多いといわれているのに、30代の私からなぜ加齢臭が漂ってしまうのか不思議で仕方ありませんでした。まず、どんなニオイが私から漂っているのか確認するため、一日着用した仕事着の首元を嗅ぎ、体臭を確認しました。なんと、そのニオイは夫から出ている加齢臭と全く同じで、非常にショックを受けたのを覚えています。

加齢臭の種類は様々で、人によってニオイは違うと聞いたことがあったのですが、全く同じなので「夫の加齢臭が移ったのではないか…」と疑うようになりました。

今、振り返ると完全に夫の存在をばい菌扱いしていることが解ります。それほど、加齢臭は私にとって大きな悩みだったのです。

原因は夫ではなく自分自身だと判明

夫の加齢臭が移ったと思い込んだ私は、夫とは洗濯を別々にするようになり、さらには夫に近付かないようにしました。加齢臭が移ることは滅多にないと知っていたのですが、明らかに同じニオイだったので神経質になってしまいました。きっと、当時の私の行動によって夫は深く傷ついたと思います。「ニオイが移るから近寄らないで」、この言葉が当時の口癖になっていました。

しかし、夫を避けるようにしても一向に私の加齢臭は改善されず、服にはビッシリとニオイが染みついていました。この状況で原因は夫ではなく、私自身だと気付きました。

母から、夫婦のニオイは自然に似てくる、それは食生活や生活習慣が共通してくるからだと言われた瞬間に目から鱗が落ちました。

確かに、夫と同じ食事を摂っているし、家にいる時間は同じ生活を送っているので習慣は似てきているかもしれないと思い、加齢臭の原因はお互いに同じだったことが判明しました。

お互いに生活習慣を見直し、加齢臭対策を行うように

加齢臭を夫婦二人で改善しようと思い、お互いの食生活、生活習慣などを細かくチェックし合うことで問題点が明確になりました。

私達夫婦の食生活は、とにかくお惣菜が多く、揚げ物を中心だったことが解りました。夫婦揃ってフルタイムで働いているので、なかなか自炊出来ず、手軽に食べられる食事ばかりでした。油分の多い食事は加齢臭を悪化してしまうことに繋がります。

また、お互いにお酒が大好物で毎晩、就寝前まで飲み、運動はほとんどしないという最悪な生活習慣がお互いに出来上がっていました。こんな生活を送っていると身体の老化も早く、加齢臭は発症されて当たり前だと思いました。2人で生活を見直してからは、お互いに加齢臭予防と健康作りのために、食生活を改善し始めています。

また、加齢臭に効果的な石鹸やスプレーなどをお互いにプレゼントし合って、今ではニオイチェックを2人でするようになりました。ずっと夫のせいにしていた加齢臭ですが、今ではお互いに改善するために生活を正しているので、加齢臭は生活習慣を見直す良いきっかけになったかもしれません。