お風呂でできる加齢臭の予防対策 | 不快な体臭を消すための入浴方法

お風呂でできる加齢臭の予防対策 | 不快な体臭を消すための入浴方法

お風呂でできる加齢臭の予防対策 | 不快な体臭を消すための入浴方法

加齢臭が気になる人にとって欠かせない毎日の入浴。臭いの元になる皮脂汚れをしっかり落として、清潔な状態を保つことが予防・対策の第一歩です。

今回は、不快な体臭を消すための入浴方法についてまとめます。

じっくりと湯船に浸かる

特に夏場などは暑いのでシャワーだけという方も多いかと思いますが、加齢臭対策のためにはしっかりと湯船に浸かって皮脂汚れを落とすことが大切です。

お風呂で体を温めると毛穴が開いて、皮脂や老廃物等を除去しやすくなります。不快な体臭は体から分泌された老廃物が雑菌によって分解された際に発生するため、こうした汚れの除去が臭いの予防に効果的です。

お風呂で加齢臭や不快な体臭を消す入浴方法

また、じっくりとお風呂に浸かることで汗腺機能を高める効果もあります。

普段からエアコンの効いた環境下であまり汗をかかない生活が続いていると、汗腺の働きが低下して、アンモニアを含むアルカリ性の汗をかきやすくなりますが、これは不快な体臭を発生させやすい「悪い汗」と呼ばれます。普段から入浴や運動などで汗を流す機会を増やして汗腺機能を高めておくと、サラサラした無臭の汗になり、臭いの対策に有効です。

体は優しく洗う

加齢臭や体臭を予防するためには体を清潔に保つことが基本ですが、ゴシゴシと強く洗い過ぎるのは厳禁です。

肌に強い刺激を与えたり、必要な皮脂まで落としてしまうと、肌を守るために皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。そうなると余計に加齢臭の悪化を招く原因になりますので、泡立てた石鹸で優しく洗うよう心がけましょう。

加齢臭の予防対策に効果的な体の洗い方

加齢臭・体臭対策用の石鹸を利用する

加齢臭や体臭対策用の石鹸というものも市販されています。殺菌効果や臭いを消す効果が高く、スッキリとした状態が長く続くのが特徴です。

「柿渋エキス」「竹炭」「ミョウバン」等の臭いを消す作用のある成分が含まれているものが一般的です。入浴時に使うようにするだけで、手軽に不快な臭いの予防対策を行うことができます。

【加齢臭・体臭対策用】石鹸・ボディソープ おすすめランキング
【加齢臭・体臭対策用】石鹸・ボディソープ おすすめランキング
中高年になると多くの人が悩む「加齢臭」。臭い対策用のグッズには様々な種類があるため、どれを選べば良いか悩んでしまいがちです。 ここでは、加齢臭・体...

入浴後のケア

入浴後は皮脂が落ちた状態であっても、肌の乾燥を防ぐため徐々に皮脂は補てんされていきます。そうした皮脂の分泌を抑えるために有効なのが、ボディローションの使用です。お風呂上がりに保湿用のローションを塗るようにすると、肌の乾燥を防止して過剰な皮脂の分泌を抑制することができます。

加齢臭や不快な体臭予防のための入浴後のケア

また、頭は皮脂腺が多く加齢臭の発生しやすい場所です。洗髪後に髪を濡らしたままの状態にしておくと雑菌が繁殖して臭いを強くする原因になりますので、しっかりと乾かすようにしましょう。

まとめ

今回は、不快な加齢臭や体臭を消すための入浴方法についてご紹介しました。

普段の入浴時にちょっとした工夫をするだけでも臭いの予防・対策をすることができます。特に30代後半ごろからは加齢臭が気になり始める人が増えてくるため、早めの対策を心がけるようにしましょう。