加齢臭の原因は「ノネナール」? 中高年の体臭がきつい理由と対策

加齢臭の原因はノネナール 中高年の体臭がきつい理由と対策

加齢臭の原因は「ノネナール」? 中高年の体臭がきつい理由と対策

年齢とともに強くなり、多くの中高年が悩みを持つ「加齢臭」。汗臭さとは異なる加齢臭独特の臭いは、どうして発生するのでしょうか?

今回は、加齢臭が発生する原因「ノネナール」とその対策についてまとめます。

加齢臭の原因「ノネナール」

加齢臭の原因となるのは、「ノネナール」という物質です。ノネナールは、皮脂に含まれるパルミトレイン酸と過酸化脂質が結びつくことによって発生します。

ノネナールの臭いは、汗のツンとした臭いやミドル脂臭等とは異なり、「ロウソク」や「枯草」「古本」などに例えられることの多い臭いです。

きつい加齢臭の原因ノネナール

中高年の体臭がきつい理由

ノネナールの原因となる皮脂の量や活性酸素は、年齢を重ねるにつれて増加するため、中年以降になると加齢臭が強くなってきます。これは男性も女性も共通ですが、女性の場合は女性ホルモンによって皮脂の分泌量が抑えられており、活性酸素の発生量も少ないため、加齢臭は男性の方が目立ちやすくなります。

また、中高年の体臭がきつい理由は年齢だけでなく、普段の食事や生活習慣等も大きく影響してきます。肉中心の生活やお酒タバコストレス、運動不足等はきつい加齢臭の原因となりますので、心当たりがある場合には早めに対策を取るようにしましょう。

ノネナールの臭い対策

加齢臭を抑えるための対策として、下記のような方法があげられます。

ノネナールによるきつい対策対策

抗酸化作用の高い食品を摂る

ノネナールの増加を抑えるには、普段の食事に注意することが大切です。肉類やバター・マヨネーズ等の脂質の摂取量を減らすと同時に、抗酸化作用の高い食品を多く摂るようにしましょう。

抗酸化作用の高い食べ物は、ノネナールの原因となる活性酸素を抑える働きがあり、体の老化防止に役立ちます。

代表的な食べ物としては、ブロッコリーやニンジン等の緑黄色野菜や、レモン、グレープフルーツ等の果物類があげられます。また、ビタミンEの500倍以上といわれる強力な抗酸化作用を持つ「アスタキサンチン」という栄養素も近年注目されており、桜エビ、紅鮭、いくらなどに多く含まれています。

加齢臭対策グッズの使用

加齢臭を抑えるための専用のグッズも市販されています。

ボディソープシャンプー消臭サプリメントなど、様々な種類がありますので、自分に合ったものを選択すると良いでしょう。

適度な運動

適度な運動を行うことも加齢臭対策には大切です。

ストレスはノネナールの原因となる活性酸素を増やしますので、好きなスポーツなどで体を動かしてストレスを解消し、老化防止につなげていきましょう。

また、普段から運動をする習慣がないと汗腺機能が低下し、アンモニアを含むアルカリ性の汗をかきやすくなります。これは、雑菌の繁殖しやすい「悪い汗」といわれ、加齢臭と混じって余計にきつい臭いを放ちます。日頃から適度な運動を行い、汗腺の機能を高めておくことが大切です。

まとめ

今回は、加齢臭の原因「ノネナール」とその対策についてご紹介しました。

中高年の体臭がきつい理由は、加齢による皮脂の増加や、日々の食事・生活習慣によるところが大きいといわれています。普段の生活習慣を見直すとともに、体を清潔に保つよう心がけ、周囲から指摘を受けないようにしていきましょう。