加齢臭が出る年齢は何歳から?体臭が強くなる原因と防止対策

加齢臭が出る年齢は何歳から?体臭が強くなる原因と防止対策

加齢臭」とは名前の通り、年齢を重ねるにつれて発生する体臭のことです。「自分もそろそろ臭っているかもしれない…」と不安に感じる人も多いと思いますが、加齢臭とは何歳から出てくるものなのでしょうか。

今回は、加齢臭が出る年齢と、体臭が強くなる原因・防止対策についてまとめます。

加齢臭が出る年齢は何歳から?

一般に、加齢臭が出始める年齢は40歳前後といわれます。体臭が強くなる時期は個人差が大きく、50歳以降からの人もいれば、20代から気になり始める人もいます。日々の食習慣ストレス喫煙飲酒の有無等も関係してくるため、生活習慣が乱れがある場合には、加齢臭が出る年齢も早まります。

加齢臭が出る年齢は何歳から

加齢臭は男性だけの問題ではなく、女性にも発生します。女性の場合、余分な皮脂の分泌を抑制する女性ホルモンが減少し始める30代頃から少しずつ体臭が現れ、閉経前後からは特に強くなる傾向にあります。

男女ともに、「何歳から」という明確な基準はありません。少しずつ変化していく自分の体臭には自分で気が付かないことが多いため、30代半ば頃からはこまめにチェックし、対策を取り始めるようにしましょう。

加齢臭とはどんな臭い?年齢に伴う体臭・頭皮の臭いの原因と対策
加齢臭とはどんな臭い?年齢に伴う体臭・頭皮の臭いの原因と対策
加齢臭とはどんな臭い?年齢に伴う体臭・頭皮の臭いの原因と対策 40代が近づくと気になり始める加齢臭。体臭は誰でも大なり小なり持っているものですが、...

加齢臭の原因:抗酸化力の低下

年齢を重ねるにつれて加齢臭が強くなる原因には、抗酸化力の低下があげられます。

私たちの肌にある毛穴には皮脂腺があり、そこから分泌される過酸化脂質や脂肪酸によって加齢臭の原因となる「ノネナール」が生成されます。

皮脂の酸化を防ぐ抵抗力は加齢に伴い若い頃に比べて低下していくため、中高年以降になるとノネナールが発生しやすくなり、加齢臭も強くなっていくのです。

加齢臭を防止する対策

加齢臭を防止する対策としては、第一に、臭いの原因となる皮脂をしっかりと落とし、体を清潔に保つことが大切です。加齢臭専用の石鹸シャンプー、スプレーやサプリメントなど、様々な対策グッズも販売されていますので、上手に活用していきましょう。

加齢臭・体臭の防止対策

併せて、加齢臭の強い体質の根本的な改善のためには、日々の生活習慣の見直しにも取り組んでいく必要があります。

  • 肉中心の食事から魚中心の和食へ切り替えるなど、脂質の多い食事を控える
  • 抗酸化作用の高い食材を積極的に摂る(トマト、大豆、かぼちゃ、アボガド など)
  • アルコールの摂取量を減らす
  • 禁煙
  • 適度な運動を習慣づける
  • ストレス解消に取り組む


こうした対策に「何歳から」といった基準はなく、日々の生活習慣の乱れに心当たりがある場合には、早めに取り組み始めることが大切です。加齢臭に限らず、中高年以降に多い生活習慣病の予防にも直接的に役立ちます。

また、衣類等に加齢臭が染みついてしまっている場合には、洗濯も入念に行う必要があります。衣類に付いた皮脂汚れは通常の洗濯方法では落としにくいことがあるため、酸素系漂白剤を使い、お湯でつけおき洗いをすると良いでしょう。

早めの対策を

今回は、加齢臭が出始める年齢と、体臭が強くなる原因・防止対策についてご紹介しました。

加齢に伴う抗酸化力の低下によって、酸化した皮脂の臭いが強くなることが加齢臭の原因です。上述した生活習慣等によっても、何歳から加齢臭が発生するかは異なるため、気になる場合には日頃から自分の体臭チェックを行っておきましょう。

自分で気づかないうちに加齢臭が発生し、周囲から「臭い人」と噂がたってしまっては大変です。一般的には、加齢臭は40歳前後から始まるといわれますので、臭いがなくとも35歳頃には対策を取り始めておくと安心です。