首筋や頭皮の加齢臭が気になる… | アミノ酸系シャンプーや柿渋石鹸で対策中

首筋や頭皮の加齢臭が気になる… | アミノ酸系シャンプーや柿渋石鹸で対策中

首筋や頭皮の加齢臭が気になる… | アミノ酸系シャンプーや柿渋石鹸で対策中

S.Sさん(女性)、40歳、専業主婦

突然自分の体が脂臭くなった

それまでは自分の匂いで悩む事など全くありませんでしたし、口臭予防くらいしかした事もありませんでした。ですが、30代後半くらいになると独特の匂いが体からするようになったのです。首筋や頭皮、手の爪までも脂臭いような匂いがして、気になるようになりました。その匂いというのは、自分の父親に感じていたような加齢臭で、まさに「オヤジ臭い」というような感じです。

仕事をしていても、食事をしていてもこの匂いは常に感じましたし、もともと匂いに酔ってしまう体質でしたので、気持ちが悪くなる事もあり本当に困っていました。自分だけが感じるような匂いであればまだ良いのですが、人前でこの加齢臭が発生するのは本当に嫌でしたし、なんとか治したいとも思いました。この匂いで悩むようになってからは、いくつかの改善方法にも取り組み始めたのです。

加齢臭対策の原因や対策方法を調べました

この匂いが気になるようになってから、加齢臭はどうして起きるのかというような原因についてもかなり調べ始めました。

そもそも加齢臭というのは中高年であれば誰でもが発生する現象だという事です。この匂いの原因というのは、皮脂から分泌される脂肪酸が酸化する事が原因だそうで、この時に出てしまう物質である「ノネナール」が加齢臭の元となるのです。このノネナールの対策には様々な方法があるそうですが、体をよく洗うことや食生活を改善する事が不可欠ということでした。

それからは、 匂いの出やすい肉類などは控えめに食べるようにと配慮もしましたし、同時に入浴時によく体を洗うようにも心がけました。また、野菜類を食べると良いというので、生の野菜を食卓によく出すようにもしました。肉類を食べ過ぎないと、確かに体の匂いが薄くなるというような効果を早い段階で感じられました。

アミノ酸系シャンプーで2回洗髪

食生活を改善し、よく体を洗うことも大切なのですが、どうしても私の加齢臭は完全には消えませんでした。特に首筋や頭皮などは時間がたつと加齢臭が再び出てしまうのです。枕の匂いなどもとにかく気になりましたので、ベットのカバー類も洗濯もこまめに行うようになりました。

また、普通に入浴するだけでは加齢臭が収まりませんでしたので、朝晩の2回入浴するようになりました。私の場合、頭皮の加齢臭がとても強いので、2回シャンプーしています。この時に使うシャンプーは頭皮に優しいアミノ酸系のものを選択しています。

洗浄力が強いシャンプーやシリコン入りのシャンプーなどはかえって頭皮の状態が悪くなるので、加齢臭が強くなってしまいます。それを避ける為にも、お肌に優しいアミノ酸系シャンプー剤を使うことにしました。さすがに2回も入浴するわけですから加齢臭もそれなりに減少しました。

柿渋石鹸やスプレー類も加齢臭に効果的

頭皮だけではなく首元までも加齢臭がしますので、この対策の為にミョウバンや柿渋などが配合されているボディ用の石鹸を使い始めました。今までは、夕方までに首筋あたりから加齢臭が出ることがありましたが、この加齢臭専用の柿渋石鹸を使うようになってから、本当に匂いが気になる機会が減少したのです。

また、衣類から加齢臭がすると嫌でしたので、加齢臭専用のスプレーも使い始めてみました。これは手軽に使えて、とても効果的でした。例えば、加齢臭がしやすいブラウスなどに使うのも良い方法なのですが、洗濯後に乾かす前の寝具のカバーにスプレーしておくと、嫌な匂いが抑えられるという作用もありました。

加齢臭の匂いというのは水で溶けにくいといわれていますし、ただ拭き取りを行うだけでは全く改善しません。こういった様々な加齢臭対策をすることによって、今では匂いも軽減できたように思います。