コーヒーで口臭が強くなる? | 口の臭いの原因と予防対策

コーヒーで口臭が強くなる? | 口の臭いの原因と予防対策

コーヒーで口臭が強くなる? | 口の臭いの原因と予防対策

コーヒーを愛飲する人は多く、朝食後の一杯や、仕事の合間に一杯など、習慣的に飲まれることが多いのも特徴です。眠気が覚め、頭がスッキリするなど良い効果のあるコーヒーですが、飲んだ後の口臭が出やすいというデメリットもあります。

今回は、コーヒー等が原因の口臭と、その予防対策についてまとめます。

口臭の主な原因

口臭が発生する原因はさまざまですが、代表的なのは下記のようなものです。

コーヒーの多飲

緑茶や紅茶などと比べ、コーヒーは特に口臭が現れやすい飲み物です。これは、コーヒー豆の成分のほか、コーヒーに入れる牛乳やクリーム、砂糖などが舌に付着しやすく、臭いの原因となるためです。

また、コーヒーを飲んだ後は、口内のpH値が酸性になるため、細菌が増殖しやすい状態になります。さらに、空腹時のコーヒーは胃液の分泌を促して口臭を発しやすくなるため、特に注意が必要です。

コーヒー等が原因の口臭

唾液の分泌量の低下

私たちの口の中は、唾液に含まれるリゾチームやラクトフェリンという酵素によって細菌の増殖が抑えられています。しかし、唾液の分泌量が低下する等して口内の殺菌力が低下すると、雑菌が増えて口臭の原因となります。

唾液の分泌量が低下する原因には、「口呼吸の癖がある」「水分不足」「ストレス等による自律神経の乱れ」「咀嚼不足」「加齢」等があげられます。

喫煙・飲酒

たばこお酒も口臭や体臭を強くする大きな原因です。

喫煙や飲酒後には、臭いの元となるアセトアルデヒドやアンモニア等の物質が体内に発生し、汗や呼気として排出されることで強い臭いが現れます。

口臭の予防・対策方法

手軽に取り入れやすい口臭の予防・対策方法には、下記のようなものがあります。

コーヒー等を控え、緑茶を飲む

口臭が気になる場合には、コーヒーやお酒など、臭いの原因となる飲み物を控えるのが手っ取り早い方法です。

代わりに、口臭を抑える働きのある緑茶を飲むようにすると効果的です。緑茶には、強力な殺菌作用を持つカテキンが豊富に含まれており、口内の雑菌の増殖を抑え、口臭を予防してくれます。

コーヒーを控えて緑茶を飲む口臭の予防対策

ガムを噛む

理想はこまめに歯磨きをすることですが、難しい場合にはガムを噛むようにすると良いでしょう。ガムを噛むことで唾液の分泌が促され、口臭の予防対策に役立ちます。

特に、コーヒーを飲んだ後にはキシリトールのガム等を噛むようにして、口内をアルカリ性に保つよう心がけましょう。

サプリメントやスプレーを使用する

口臭対策用のサプリメント等を使用するのも方法です。

臭いを防ぐカプセル状の錠剤タイプや、口の中にスプレーするタイプなど様々な種類が市販されていますので、自分に合ったものを取り入れていくとよいでしょう。

禁煙

臭いが気になる人は、タバコは控えるようにしましょう。タバコの煙が衣服に染みつくだけでなく、上述したように、体内からも口臭や体臭を強くする働きがあるためです。

コーヒー等が原因の口臭の予防対策

コーヒーとタバコの組み合わせが好きな人は多いですが、これは口臭を強くしやすいため、特に注意が必要です。

まとめ

今回は、コーヒー等が原因の口臭と、その予防対策についてご紹介しました。

口臭の原因は様々ですが、コーヒーのように身近な飲み物が原因となっている場合もあります。臭いが気になる場合には、周囲に不快な印象を与える前に、紹介した緑茶やガム、サプリ等の対策を取り入れてみると良いでしょう。