加齢臭とはどんな臭い?年齢に伴う体臭・頭皮の臭いの原因と対策

加齢臭とはどんな臭い?年齢に伴う体臭や頭皮の臭いの原因と対策

加齢臭とはどんな臭い?年齢に伴う体臭・頭皮の臭いの原因と対策

40代が近づくと気になり始める加齢臭。体臭は誰でも大なり小なり持っているものですが、年齢に伴って発生する加齢臭には独特な臭いがあります。気付かないうちに周囲に迷惑をかけることがないよう、しっかりチェックしておきましょう。

今回は、加齢臭とはどんな臭いか、また、その原因と対策方法についてご紹介します。

加齢臭とはどんな臭い?

まず、加齢臭とはどんな臭いかについて確認していきましょう。

「加齢臭」という名の通り、年齢を重ねた人が発する独特の体臭です。「脂臭い」と表現されることが多く、よく例えられるのは、「ブルーチーズ」や「ろうそく」「押し入れ」「古本」「クレヨン」「油粘土」などの臭いです。

一般に、30代後半から60代頃に、体や頭皮の臭いに変化が現れてきます。加齢臭がする本人は徐々に体に染みついていく臭いに慣れてしまうため、自分が発する加齢臭に気が付かない人も多いようです。しかし、家族や職場の同僚等、周囲の人間にとっては違和感があり、不快に感じやすい臭いでもあります。

加齢臭とはどんな臭い

加齢による体臭・頭皮の臭いの特徴

年齢によって発生する加齢臭は、他の一般的な「体臭」とは具体的にどういった違いがあるのでしょうか。

体臭というとワキガ等が有名ですが、その他にも肥満症、糖尿病の人などにも特有の臭いが発生することがあります。加齢臭の場合は、原因となる脂肪酸の発生する場所が背中から首の後ろ、耳の裏側、頭皮等に多いため、こうした部分の臭いが強い場合には、加齢臭の可能性が高くなります。

加齢臭は、臭いの強い場所が頭部付近に多いことから、周囲の人の鼻の高さに近いため、気づかれやすいものです。自分に加齢臭があるという意識がないと、知らない間に周囲から敬遠されてしまうかもしれません。40代頃からは加齢臭に意識を持って、身近な人に自分の体臭について聞いてみると対策も取りやすくなります。臭いの発生箇所に触れやすい「枕の臭い」をチェックするのも良いでしょう。

加齢による体臭・頭皮の臭いの特徴

加齢臭の原因と対策

加齢臭の原因となる主な臭い物質は「ノネナール」という臭い成分です。ノネナールは、皮脂中の「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸を分解する際に発生するため、この脂肪酸を抑えることが加齢臭に有効な対策です。具体的には、下記のような方法があげられます。

  • 脂肪分の過剰摂取を避ける
  • トマトやニンジン等に代表される「抗酸化物質の多い食品」を積極的に摂取する
  • アルコールの摂取量を減らす
  • 睡眠時間を十分に確保する
  • 適度な運動を行う


安易に香水だけで体臭を隠そうとすると、臭いが混ざり合って、周囲にとって余計に不快な臭いになることもあります。香水を使用する場合であっても、まずは体を清潔に保つことを基本として、上記の様な生活習慣の改善に取り組むことが大切です。

また、加齢臭対策用の石鹸シャンプー等の予防グッズやサプリメントも販売されているため、上手に取り入れていくと良いでしょう。

まとめ

今回は、加齢臭とはどんな臭いか、またその原因と対策についてご紹介しました。

年齢に伴って身体が変化していくことはやむを得ないことです。臭いの発生を少しでも抑えるよう、清潔を保つことを心がけ、原因と向き合った対策を取ることが大切です。周囲に不快な印象を与えないためにも、できる部分から予防に取り組んでいくようにしましょう。