加齢臭だけでなく口臭にも要注意 | 年齢に伴う口の臭いの原因と対策

加齢臭だけでなく口臭にも要注意 | 年齢に伴う口の臭いの原因と対策

加齢臭だけでなく口臭にも要注意 | 年齢に伴う口の臭いの原因と対策

30代後半ば頃から徐々に気になり始める「加齢臭」。しかし、加齢によって臭いが強くなるのは体の臭いだけでなく口の臭いも同様です。

今回は、年齢に伴う口臭の原因と対策方法についてまとめます。

加齢と口臭の関係

加齢に伴って口臭が強くなる主な原因には、下記のようなものがあげられます。

加齢臭と口の臭いの原因

唾液の分泌量の低下

私たちの口内は、唾液中に含まれるリゾチームやラクトフェリン等の酵素によって雑菌の増殖を抑えています。

しかし、年齢が高くなるにつれて唾液の分泌量は減少する傾向があり、口内が乾燥しやすくなります。そのため、口内の殺菌力が低下し、口臭が発生しやすくなるのです。

歯周病の進行

日本人の8割がかかっているといわれる歯周病。歯周病は年齢とともに進行しやすく、歯茎の位置が下がって食べ物が詰まったり、歯肉が炎症を起こすようになります。

こうした状態では口内で殺菌が増殖しやすく、虫歯にもなりやすいため強い口臭を放つ原因となります。

食事や生活習慣の乱れ

加齢臭が強い人の場合、食事や生活習慣の乱れが原因となっているケースが多くみられます。お酒たばこの他、偏食や睡眠不足、ストレス等による内臓機能の低下は口臭が悪化する原因となります。

食事や生活習慣の乱れが原因の口臭

お酒やたばこは、アセトアルデヒドやアンモニアなど、臭いの元となる物質を発生させます。これらが体内から汗や呼気として排出されることで不快な体臭や口臭の原因となります。

また、偏食やストレス等は内蔵の機能低下を招きます。特に、肝臓や胃腸の不調は臭いを発生させやすく、「カビ臭」や「腐敗臭」と例えられる不快な口臭の原因となります。

糖尿病

口臭が病気のサインとなっている場合もあります。

例えば、加齢とともに発症リスクが高まる糖尿病では、ケトン体(体脂肪の燃焼の際に生まれる物質)による強い口臭・体臭を発生させることが知られています。また、唾液が減少し、歯周病のリスクが上昇することも、口臭を強くする原因となります。

その他、肝臓や胃腸の病気、気管支炎やアレルギー性鼻炎などの病気も、炎症部の化膿や細菌の増殖によって、ひどい口臭の原因となることがあります。

口の臭いの対策方法

年齢に伴う口の臭いの予防・対策としては、下記のようなものがあげられます。

加齢による口の臭いの対策方法

口内を清潔に保つ

加齢による口臭が気になる場合には、こまめに歯磨きをするようにするのが手軽で確実な方法です。特に、歯周病が進行している場合には、食べかすが溜まりやすくなっていますので、入念なブラッシングが必要になります。歯間ブラシやデンタルフロス等も使うようにすると良いでしょう。

こまめに歯磨きをすることが難しい場合には、食事後に口をゆすいだり、キシリトールのガムを噛むようにするだけでも効果はあります。

生活習慣の改善

お酒やたばこを控え、普段の食事・生活習慣を見直すことも大切です。

上述した肝臓や胃腸などの機能低下を防ぐとともに、糖尿病など体臭・口臭を悪化させる病気の予防にもつながります。

口臭を防ぐ食べ物・飲み物を摂る

刺激や臭いの強い食べ物は避け、口臭予防に効果のあるものを多く摂るようにしましょう。

例えば、ポリフェノールを豊富に含む緑茶やブドウ、クエン酸の多い梅干しやレモン等が代表的です。これらは口内の殺菌作用が高く、口の臭いを防ぐのに役立ちます。

口臭対策グッズ

口臭を防ぐための対策グッズを使用するのも方法です。

スプレーやサプリメント、洗浄液などの種類がありますので、自分に合ったものを選択すると良いでしょう。

まとめ

今回は、加齢に伴う口臭の原因と対策についてご紹介しました。

年齢を重ねるにつれて、加齢臭や口の臭いは強くなりやすいものです。周囲の人に嫌がられることがないよう、早めに対策を心がけましょう。