女性の加齢臭対策 | 女性の体が臭い原因と予防方法

女性の加齢臭対策 | 女性の体が臭い原因と予防方法

女性の加齢臭対策 | 女性の体が臭い原因と予防方法

「加齢臭」というと中高年男性をイメージするかもしれません。しかし、実際には女性の加齢臭というものも存在し、体が臭いことに悩んでいる方が多くいます。

今回は、女性の加齢臭の原因と予防方法についてまとめます。

女性の加齢臭の原因

本来、女性は男性に比べて皮脂の分泌量が少ないという特徴があります。その理由は女性ホルモンによって皮脂の分泌が抑えられているためで、女性は男性の3分の1程度の量といわれています。

そんな女性も、更年期に入ってくると一気に女性ホルモンが減少してしまい、皮脂の分泌量が増えてきます。その結果、「脂肪酸」や「過酸化脂質」が増加し、加齢臭の原因となるノネナールという物質が発生しやすくなるのです。

女性の加齢臭で体が臭い原因

ホルモンバランスを整える食べ物の摂取

更年期の様々な症状は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量の減少が原因となることが知られています。女性の加齢臭対策としても、こうしたホルモンバランスの乱れを緩和する食べ物を積極的に摂取することが大切です。

代表的な食材としては、豆乳などの大豆製品があげられます。大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲンと似た働きをすることが知られており、更年期の不調の予防に効果的とされています。

乾燥対策で加齢臭予防

皮脂の過剰分泌の原因の一つとして肌の乾燥があります。

肌が乾燥していると肌のバリア機能がないような状態ですので、ちょっとした刺激でも肌が傷ついてしまいます。そこで肌を守ろうと皮脂腺が活性化して、大量に皮脂を分泌させてしまいます。しかも、女性ホルモンが低減した更年期以降だと、そうした状態はさらに促進されます。

乾燥による女性の加齢臭の予防対策

乾燥が気になる人は保湿クリームなどを利用すれば、皮脂の過剰分泌を抑制できます。お風呂上がりなどは特に乾燥しやすいので、肌の健康維持や加齢臭予防のため保湿に特に注意を払うようにしましょう。

加齢臭専用のボディソープ・石鹸

皮脂は誰でも分泌されるものであり、加齢臭の原因となる「脂肪酸」や「過酸化脂質」も年齢とともに増加してしまうものです。問題はいかにして量を抑え、臭いを予防するかということになります。

女性の加齢臭を抑える一つの方法は、加齢臭・体臭対策用のボディソープや石鹸を利用することです。代表的なものとして「柿タンニン」や「緑茶エキス」などの臭いを防ぐ成分が配合されており、体臭予防に役立ちます。

女性の加齢臭で体が臭い時の予防対策

また、消臭スプレーの利用も手軽に取り入れることができておすすめです。最近では加齢臭専用のものも販売されていますので、そういったものを試してみるのも良いでしょう。

皮脂の多い部分を清潔に保つ

上述したように、加齢臭は過酸化脂質や脂肪酸の分泌が原因となります。そのため、体の中でも特に皮脂の多い下記の部位を清潔にしておくことが大切です。

ただし、ゴシゴシと過剰に洗い過ぎるのは禁物です。必要な皮脂まで落としてしまうと肌の乾燥を招き、皮脂が過剰分泌されるため、かえって臭いが悪化してしまう恐れもあります。

まとめ

今回は、女性の加齢臭の原因と予防方法についてご紹介しました。

加齢臭というと中年男性のイメージが強いですが、加齢とともに女性にも現れてくるものです。自分の体が臭いことには自分ではなかなか気が付けないことも多いので、他人に指摘されて恥ずかしい思いをする前に、早めの対策を心がけるようにしましょう。