汗の臭いが加齢臭に… | ホルモンバランスの乱れによる女性の加齢臭

汗の臭いが加齢臭に… | ホルモンバランスの乱れによる女性の加齢臭

汗の臭いが加齢臭に… | ホルモンバランスの乱れによる女性の加齢臭

N.Yさん(女性)、40代、専業主婦

私の加齢臭の症状

30代の頃は、汗をかいた時に汗臭さを感じることはありましたが、加齢臭のような臭いはしませんでした。しかし、40代に入ると、急に加齢臭らしき臭いが自分からもすることに気づきました。

加齢臭が気になるのは、頭皮と耳の裏あたりです。汗をかいた後に、ふとした拍子に、頭皮の臭いが鼻につくことがあります。また、耳の後ろに汗をかきやすくなったようで、その汗を手で拭った後何となく臭いを嗅いでみたら、独特の臭いがしました。脂っぽいような獣のような、今まで自分からはしていなかったような臭いです。これまでおじさんから嗅いだ事のある臭いに近いです。自分がおじさん化してきたのかと思い、ショックを受けました。

体全身というよりも、頭皮や耳の裏といった所で集中的に臭います。普段はそれほど臭いません。頭皮や耳の裏を触った手を嗅いでも臭いません。汗をかいた後などに臭いが強くなることが多いです。

加齢臭で困ること

寝汗をかいた時、枕に臭いが染みついていたのはショックでした。子供の頃、お父さんの枕が臭いと言っていたことを思い出し、まさか自分が、しかも女なのに枕が臭くなるなんてと思い落ち込みました。

また、頭皮と耳の裏に加齢臭がすることが多いので、普段からいつも臭っていないか気になるようになってしまいました。ちょっとでも汗をかけば、手で触って臭いを確認してしまいます。思わず、外出している時にその行動をしてしまった時は、恥ずかしい思いをしました。

この他、周囲にいる人達が私の加齢臭に気づくのではないかと不安になるようにもなってしまいました。汗をかいた時はもちろんですが、汗をかいていないくても、もしかしたら臭っているかもしれないといった不安な気持ちもあります。

加齢臭の原因として考えらえれること

これまで、女性でも加齢臭が発生することを知りませんでした。しかし調べてみると、私のように、加齢臭で悩む女性が結構いることを知りました。

加齢臭の原因は、脂肪酸が酸化することによって発生します。皮脂の分泌量が多いとその脂肪酸の量も増え、その分加齢臭が発生しやすくなります。男性は皮脂の分泌が多いので、女性よりも加齢臭が強いイメージがあるのです。ですが男女問わず、35歳を過ぎたあたりから、脂肪酸の量は増えます。そのため、皮脂の分泌が多ければ、女性でも加齢臭がしてしまうようです。

皮脂の分泌が多くなる主な原因としては、ホルモンバランスの崩れによるものです。私の場合、女性ホルモンがちょうど減り始める37歳の時に仕事を辞めたことが関係しているような気がしています。専業主婦となったことで運動不足に陥り、ホルモンバランスが崩れやすい状態になったのかもしれません。

加齢臭を改善するために行っている対策

まず、加齢臭の原因だと考えられる運動不足を改善することにしました。できる限り、毎日30分以上のウォーキングをするようにしています
。実際にウォーキングをしてみると、運動になるだけでなく、ストレス発散にもなっています。ストレスもホルモンバランスに大きく関係していますので、効果がありそうだと感じました。

また、寝汗をかくことが多いので、出かける前には、加齢臭専用の石鹸で必ず体を洗うようになりました。頭皮の臭いも気になるので、朝シャンもします。汗を流すとスッキリした気分になります。これにより、以前よりは外出先でも臭いを気にすることが減りました。

あとは、食生活も見直しました。肉が大好きなので、肉中心のメニューになっていましたが、肉類は皮脂の分泌を促進する働きがあることを知りました。それを知ってからは、魚メニューを増やし、野菜もしっかり摂るようにしています。