アルコールは加齢臭・体臭を悪化させる? | お酒の臭いを消す方法

アルコールは加齢臭・体臭を悪化させる? お酒の臭いを消す方法

アルコールは加齢臭・体臭を悪化させる? | お酒の臭いを消す方法

お酒好きな人でなくとも、仕事の付き合い等でどうしても飲む機会のある「アルコール」。実は、お酒は体臭や加齢臭を悪化させる代表的な原因の一つです。

今回は、アルコールが原因の体臭・加齢臭と、お酒の臭いを消す方法についてまとめます。

アルコールが加齢臭・体臭を強くする原因

アルコールが体臭を強くする主な原因として、下記のようなものがあげられます。

代謝による匂い物質の発生

お酒に含まれるアルコールは、体内でアセトアルデヒド酢酸という臭いの強い物質に代謝されます。

アセトアルデヒドや酢酸は血液中に吸収されて全身を巡り、汗や呼気として排出されることで体臭・口臭を悪化させます。加齢臭がある場合には、それらが混じりあうことで、さらに不快な臭いを発することになります。

アルコールが加齢臭・体臭を悪化させる原因

活性酸素の増加

加齢臭の原因物質であるノネナールは、体内の過酸化脂質と不飽和脂肪酸が結合することで発生します。

アルコールを分解する際には、過酸化脂質を増やす原因となる活性酸素が発生するため、過度な飲酒は加齢臭の悪化を招きます。

アルコールの発汗作用

アルコールは血管を拡張する作用があり、体温調節中枢に働きかけるため、お酒を飲んだ後は発汗量が増えることが知られています。

上述したように、飲酒後の汗にはアセトアルデヒドや酢酸等のニオイ物質が多く含まれていますので、より強い体臭を放つ原因となります。

お酒の臭いを消す方法

お酒の臭いを消す方法としては、下記のようなものがあげられます。

お酒の臭いを消す方法

禁酒・節酒

なんといっても、第一に考えるべきは禁酒・節酒です。お酒は加齢臭や体臭を強くする大きな原因ですので、できれば飲まないのが一番です。アルコールフリーのビール等を選択するのも良いでしょう。

どうしてもお酒を飲む場合には、赤ワインがおすすめです。抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富に含まれるため、加齢臭対策につなげることができます。

おつまみに注意する

お酒を飲む時には、つい脂っこい食べ物や肉類等のおつまみを多く摂ってしまいがちです。しかし、これらの食べ物は脂肪酸の分泌を高めて加齢臭を悪化させる原因となるため、控えめにするべきです。

アルコールの分解を助ける働きのある枝豆や、アセトアルデヒド等の分解を促すビタミンCが豊富なグレープフルーツ等の果物類を多く食べるようにすると良いでしょう。

加齢臭を悪化させるお酒の臭いを消す方法

水分を多めにとる

飲酒後は体内の水分が失われやすく、ビールを1ℓ飲むと1.1ℓの水分が出ていくといわれています。そのため、アルコールの分解や老廃物の排出を促すよう、十分な量の水分補給を行うことが大切です。

早くお酒臭さを解消するためには、ウコンなどの市販のドリンクや、抗酸化作用の高い緑茶等の飲み物がおすすめです。

体臭・加齢臭対策グッズ

体臭や加齢臭を防止するための専用のグッズを使用するのも方法です。石鹸シャンプーサプリメントなど様々なタイプがありますので、自分に合ったものを選択するようにしましょう。

特に、飲酒後には無意識に臭い汗をかいていることが多いので、必ず体を洗うことを心がけるようにしましょう。

まとめ

今回は、アルコールによって加齢臭・体臭が悪化する原因と、その対策方法についてご紹介しました。

お酒による臭いを防ぐには、飲酒量を減らすことが何よりも確実です。お酒を飲む際には食べ物と交互に少しずつ飲むことを心がけ、飲酒後は十分な水分補給を行うようにしましょう。