40代の旦那の加齢臭 | 節酒&ダイエットで枕や下着の臭い対策

40代の旦那の加齢臭 | 節酒&ダイエットで枕や下着の臭い対策

40代の旦那の加齢臭 | 節酒&ダイエットで枕や下着の臭い対策

N.Yさん(女性)、40代、専業主婦

40代の旦那から加齢臭が出てきました…

40代になった旦那の加齢臭が、徐々に強くなってきました。旦那とは、24歳の時に出会ったのですが、その時体臭は全く気になりませんでした。ほとんど無臭に近かったと思います。なのでてっきり、旦那は体臭がしない体質なのだと思っていました。

しかし、年齢を重ねるごとに、少しずつ、脂っぽいような獣のような体臭がするようになってきました。以前と同じように、お風呂にキチンと入っていますし、毎日洗濯した服を着ているのに、それでも加齢臭がしてくるのです。どんなに清潔にしていても、加齢臭はどうしても出てしまうものなのだと知りました。

旦那の加齢臭を強く感じるのは、枕と丸1日着ていた下着です。枕は、梅雨の時期から夏の時期は1回使っただけで加齢臭がついてしまうので、2、3日おきといった感じで、なるべくこまめに洗うようにしています。下着などの衣服の方はもちろん毎日洗濯しています。

旦那の加齢臭の原因として考えらえること

そもそも加齢臭が強くなるのは、中高年になれば、誰にでも起こりやすい現象です。汗腺のそばにある皮脂腺から分泌される脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで発生する「ノネナール」という物質が加齢臭の元となっています。40代になると、酸化に対する抑制力が低下するのと同時に、この脂肪酸や過酸化脂質の分泌量が増えるので、加齢臭が強くなる傾向にあるのだそうです。

そう考えると、旦那の加齢臭が40代で強くなってきたのは、自然な現象といえます。しかし、友人の同じ40代の旦那さんは、それほど加齢臭を感じません。もしかしたら、その違いは生活習慣にあるのではないかと思いました。

旦那はタバコを吸いますし、お酒も飲みます。そういったタバコ臭やアルコール臭といったものも加齢臭を強くしてしまっているのだと思います。さらに40代に入って、ますますメタボ体型となってきました。肉好きでもあります。こうした体型や食生活が、汗や皮脂の分泌量が増やし、臭いを強くする原因になってしまっているのだと思いました。

旦那の加齢臭対策として行っていること

加齢臭は年を取れば出てくるものだとはいえ、何か対策をすれば改善するのではないかと思い、いくつか試しています。

まずは、食生活です。これまで肉が好きだということで、ほぼ毎日のように肉料理をメインとしてきました。そこで、週の半分は魚料理を作るようにしました。最初のうちは、肉料理が減ったと文句を言っていた旦那でしたが、最近では、徐々に魚料理メニューにも慣れてきたようです。

この他、ウォーキングを勧めてみました。お腹ポッコリ体型になっているので、それを解消してみてはどうかと提案したのです。運動不足の解消やダイエット効果も期待できますし、その分汗や皮脂の分泌量が調整されて、臭いの抑制にも繋がるのではと考えたからです。

あと、お酒の量も減らすようお願いしました。毎日のように飲んでいるお酒を、3日に1回休肝日として、飲まないようにしてもらうようにしました。臭い対策にもなりますし、健康面にもいいと思ったからです。

旦那の加齢臭対策のその後

肉料理の回数を減らしたり、ウォーキングをするようになって、旦那に少しずつダイエット効果が現れてきました。以前はお腹がパンパンに張っていた状態でしたが、ウエストが少し細くなりました。お酒も量を減らしたので、アルコールによる大量の汗もなくなってきた気がします。

ただ、だからといって、すぐに加齢臭がなくなるわけはありませんでした。もしかしたら、以前よりは臭いがしなくなってきているのかもしれませんが、まだ枕や下着は臭いがあります。こうした対策を続けることで、もう少し臭いが抑えられてくるのかもしれないと期待しています。

旦那は自営業なので、普段、制汗剤や香水などの臭い対策グッズを利用していません。ですが、休日に出かける時は、朝お風呂に入るなど、衛生面のケアは心がけているようです。そういったちょっとした心がけでもだいぶ臭い抑えられると思うので、いいかなと思っています。